スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介

名前: 斉田 蓮 (さいだ れん)
旧名: 五月雨

性別: ひみつ

生息地: 茨城

年齢: ひみつ

趣味: PC, 2ch, AKB48, minecraft, drummania, DDR

信条: 神は超えられない試練を与えない

メールアドレス:
i[ドット]j[ドット]katekyo[あっと]gmail[ドット]com
[ドット]は.に
[あっと]は@に置き換えて送信してください。

melladoleth.png

更新日時
2014/01/24 21:03
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。筑波大の編入学試験合格おめでとうございます。

差支えなければ前の大学名は教えていただけないでしょうか。

ヒントだけでもいいので。

Re: No title

>>通りすがりさん
コメントありがとうございます。
ヒントは旧帝じゃない大学です。

No title

こんばんは。
筑波大学医学類合格おめでとうございます。
私は現在、大学の生命科学系学部三年生です。
卒業してから医学部学士編入試験を受けようとこれから勉強をしようと考えていたのですが、筑波大学は学士を取得せずとも在籍2年以上で編入資格があることを知り、26年度の試験を受けてみようと思っています。
しかし予備校などには通う余裕がないので情報が全くない状態です。

よろしければ、勉強の方針や筑波大学の過去問傾向などをアドバイスして頂きたいです。
ちなみに選択科目は生物、化学です。
現在高校でやってきた数学、生物、化学を総復習していて、12月ごろには終わりそうです。
英語はTOEFL対策の勉強をしています。



Re: No title

>>ペペさん
こんばんは。
筑波大学の学士編入試験の出題傾向を分析した記事を書いたので参考にしてください。
http://dotneet.blog.fc2.com/blog-entry-332.html
高校範囲の問題が多く出題されるので、高校範囲はしっかりやって、大学範囲は試験一ヶ月ぐらい前から付け焼き刃的に知識を付ければ良いと思います。
生物はちょっと分かりません。

No title

ありがとうございます。
情報がないので、本当に助かります。
合格された時はだいたい何割ぐらいの出来でしたか?


よろしければ過去問をアップしていただけないでしょうか><
メールで送って頂いても結構です;;

Re: No title

>>ペペさん
過去の記事に書いてあるので読んでください。

勉強時間について

はじめまして、医学部合格を目指しているものです。

貴重な情報の数々、身を引き締めて読ませてもらってます。
そしてお願いします、どうか質問させてください!

実際に合格された方に対して、大変恐縮なのですが
五月雨様の勉強時間は、一般の医学部受験生に比べ
少ないように感じます。
これは、やはり一度目の受験で培った知識の恩恵かと
思うのですが、

質問一 記憶の維持なら短時間で十分である、と言う事でしょうか?

質問二 合計: 1.0 h 数学: 0.5 h 現代文: 0.5 h
(7/29/Friの記事より) このような表記の日は、例えば
英語等は全くノータッチだったのでしょうか?

質問三 センター試験 二次試験の直前期(一週間から
二週間前)はやはり、長時間勉強されたでしょうか?

不躾ではありますが、どうぞよろしくお願いします。

Re: 勉強時間について

>>白鳥広太郎さん

質問にお答えします。

解答一
一昨年にやっていた参考書を、去年も引き続きやってましたが、各々を8割近く覚えていたと思います。
一度は以前に理解していることが理由だと思いますが、たとえ忘れていたとしても、解答を読み、思い出し、理解することが速くできました。

これは、東大生が医学部再受験に成功しやすいと言われるゆえんだと考えています。


解答二
勉強時間の記録は煩雑になるのを避けるため、だいたい30分程度を区切りにして書いています。
たとえば机に向かっていた勉強時間が英語20分、数学40分の時は英語0.5h、数学0.5h、
物理5分、英語55分の時は、英語1.0h、みたいな。
とはいえ15分以下の少量の時間だけ勉強することは殆ど無かったと思いますから、表記が無いときは全く手をつけて無いと判断してください。
また時間の記録は結構シビアで、たとえ机に向かっていたとしても、30分ぐらい他のことを考えながら勉強していたと判断したら、その分だけ、勉強時間は抜いています。
趣味でTEDとか見ますけど、考えようによっては英語の学習時間に組み込むこともできますが、この時間は勉強時間に入っていないです。(http://www.ted.com/)

アドバイスですが、暗記だけではなく慣れが必要な言語系の科目(英語、現代文、古文、漢文)は一日でも勉強を怠ると読解力が落ちるから、ある程度の試験前(一週間とか一ヶ月前とか一年前とか)になったら毎日読み続けたら効率が良いです。
構文は理解できるけど、長文になったら分量が多すぎて処理できないということが防げると思います。
受験の成功者は英語は毎日読めとか言ってますけど、私は怠け者なので、二週間程度前からしか読めませんでした。
私も、英語・数学の重要な科目は毎日勉強した方が絶対良いと思うのですが、個人の都合もありますから自分のやれる最善を尽くせば良いと思います。


解答三
センター試験と二次試験前は平均すると7時間ぐらいやってたと思います。(1時間ぐらいから10時間ぐらいまでばらつきはありました)

センター試験程度なら、そこでしか使わない科目の試験直前の詰め込み学習は有意義だと思いました。
二次試験は付け焼き刃で対応は難しいのですが、それまでにきちんと学習が済んでいるのであれば、全範囲をおさらいすることができると思います。
編入試験に関しては、高校の学習がきちんと身についていたら、詰め込みでなんとかなる科目もあると思います。(医科歯科の数学とか)
自明かも知れませんが、いずれにしても試験直前に長時間学習することは、試験より大分前に長時間学習することより、はるかに有効だと考えています。


また質問等があれば気軽にお願いします。
貴方の合格を心よりお祈りしています。

ありがとうございました。

五月雨様 大変参考になりました、本当にありがとうございました。
このような質問の機会を与えてくださり、励ましの言葉まで頂きました。
この御恩は忘れません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>> えむさん
こんにちは。
質問にお答えします。



□ 医学への道を諦めて良いか?

これは当人次第なのですが、受験に合格するまでが大変で、入学した後も大変です。
忘れがちなのが入学後で、6年間も大学に通う必要があります。
また以前の大学の同級生は卒業してしまうので、取り残されてしまうという気持ちが生じるかもしれません。
お金の問題もあります。
それでも強い気持ちがあれば、受験しても良いと思います。



□ 学士編入を考えている

学士編入は学習面の他に運の要素も重要ですので、確実に合格したければ一般試験が良いと思っています。

学士編入試験の合格基準は非常に不透明ですので、文科系の学生は合格させたとしても一人だけしかとらないという大学とかもありそうです。
また受験をした結果、合格に近いか、遠いかが分からない大学が殆どです。
先が見えないため、編入試験をやめ一般試験に注力したり、受験自体に諦めたりする人が多いと聞きます。
一般試験なら、学習法がほぼ確立していますので、努力の方向を間違えなければ合格できると思います。

最新の記事に書いたように、エッセンシャル細胞生物学が8割方理解できそうであれば、学士編入試験に踏み切っても良さそうです。
しかし当参考書は記述が受験向きで無く散漫なので、殆どの人は挫折すると思います。。
学士編入試験の参考書は事実上KALSのテキストだけですので、学士編入試験で合格したいならKALSをおすすめしています。
まずはエッセンシャル細胞生物学を購入し、判断してください。



□ 私立文科系で独学は難しいのか?
少し考えてみました。
一般試験なら数学1A2B3Cと理科I,IIを新たに学習する必要がありますが、編入試験なら生命科学が必要です。
生命科学と称して生物の科目のみを出題するところなら、もしかすると編入試験の方が学習の労力は削減できるという気もしなくはないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

斉田

Author:斉田
筑波大学医学群学士編入試験に合格しました。
2X歳ニートが医学部受かるまで頑張った。

詳細なプロフィールはコレです。
家庭教師やらせていただきます

メールアドレス

検索フォーム
最新記事
カレンダー
01 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
医学部合格参考書
一般入試用参考書
英語
数学
物理
化学
┣生物
┣国語
倫理

医学部学士編入試験用参考書
数学
物理
┣化学
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログへ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。